top of page

アブラナ 菜の花の別名、2~3月にかけて盛んになり、3月3日の『桃の節句』がピークになります




『菜の花』の別名を『アブラナ』といい、ほろ苦い味わいで、おひたしや和え物、炒め物にします。食用となる『菜の花』は11月から4月頃まで出回り、旬は1月から3月頃です。


料亭では季節を運ぶ食材として11月から12月頃から出始めます。


アブラナ科の野菜は、特徴的な香りや辛み、苦みがあります。

キャベツ、芽キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、ロマネスコ、白菜、コールラビ、水菜、小松菜、からし菜。

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page