top of page

二十四節気 秋分 2023年9月23日



秋分(しゅうぶん)は、春分と同様、太陽が真東から昇り真西に沈み、昼と夜の長さが同じになる日のことです。お彼岸の期間は秋分の日を中心とした一週間をさします。暑さ寒さも彼岸までの例えのように、これから次第に秋が深まっていきます。

彼岸花

彼岸は季節の移り変わりの分岐点とも言えます。


秋の彼岸、春の彼岸ともに昼と夜の長さが同じですが、気温は秋の彼岸の方が10℃ほど高くなります。


2023年の秋の彼岸の入りは9月20日です。


秋のお彼岸は、秋分の日(9月23日)の3日前が彼岸の入り、3日後が彼岸の明け、秋分の日を彼岸の中日で前後3日間が秋のお彼岸となります。

彼岸花はどのようにして花を咲かせる時期を知るのでしょう? 花には気温の変化と日照時間で咲く時期を知ります。彼岸花は日照時間で咲く時期を知るそうです。




閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page