top of page

啓蟄(けいちつ) 一雨降るごとに気温があがってゆき、春に近づいていきます。


「蟄(ちつ)」とは「虫が土の中にこもること」を、「啓(けい)」は「戸を開くこと」を意味します。そのため「冬ごもりをしていた虫が、暖かくなって地上に出てくる時期」という意になります。


具体的には、日本人が「さぁ働くぞ」と意気込み始める日のことを言います。この時期は、一雨降るごとに気温があがってゆき、春に近づいていきます。

閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page