top of page

2023年3月6日は二十四節気の『啓蟄』


二十四節気

立春、春分、夏至など、季節を表す言葉として用いられています。

1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらに春夏秋冬を6つに分けたものです。

「節(せつ)」と「気」が交互にあります。


啓蟄は『けいちつ』と読みます。

啓は「ひらく」、蟄(ちつ)は「土中で冬ごもりしている虫」の意味で、大地が暖まり冬眠していた虫が、春の訪れを感じ、穴から出てくる頃を指します。


2023年は3月6日が『啓蟄』に当たります。

『啓蟄』に「菰はずし」を年中行事にしているところが多いです。


画像は中央広場から中央休憩所に向かう小径を撮影したものです。

まだまだ寒いですが、一雨ごとに気温は上がり、日差しも徐々に暖かくなっています。


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page