top of page

立冬(りっとう)「こたつ開き」



立冬(りっとう)は、木枯らしが吹き、木々の葉が落ち、はやいところでは初雪の知らせがニュースなどで報道されるようになります。 また、真冬の寒さに備えて、冬の準備を始める「こたつ開き」の時期でもあります。

「立冬」とは、「二十四節気」の節気の1つで、冬の始まりを意味します。冬を表す節気は、立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒の6つです。


二十四節気とは、古代中国人が、農業に活かすために太陽の位置を24等分にした、「二十四節気」というもので季節を表しました。これは、春分・夏至・秋分・冬至という節気を中心に、春・夏・秋・冬とした暦です。しかしながら、「二十四節気」では気象の動きが読み取れませんでした。


そこで、詳細な季節の変化を知るために、「二十四節気」をさらに約5日ごとに分けた「七十二候」を作り、24の節気に対してそれぞれ3つの候を設置し、約5日を1つの候としたのです。「立冬」だと、山茶始開(つばきはじめてひらく、初候)・地始凍(ちはじめてこおる、次候)・金盞香(きんせんかさく、末候)の3候に分かれています。


日本では平安時代に「二十四節気」が取り入られました。しかしながら、日本の気候を示すのには不十分であったため。「雑節」という、節分・彼岸・八十八夜・入梅・半夏生・土用・二百百日などを作りました。

江戸時代になると、日本の気候に合わせた「七十二候」が取り入れ、現在の日本の「七十二候」は、明治時代の「七十二候」が元になっています。



閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page